188 pages, 17 x 24 cm
84 illustrations and plans
Stitched brochure
CHF 54.–/EUR 49.–

English/ Japanese ISBN 978-3-03761-106-7

German/ Japanese ISBN 978-3-03761-105-0

Kazunari Sakamoto: Lecture 坂本一成・講演

Kazunari Sakamoto (born 1943) has mainly been working on smaller residential buildings, in which he questions and explores the principles of architecture. His buildings and theoretical works have had a big influence on the contemporary Japanese architecture.

The lecture is about his search for spaces, which enables the people to be free from the constraints and restrictions of our society and to develop freely.

Edited by: Tao Baerlocher and Samuele Squassabia

Epilogue: Go Hasegawa

 

坂本一成・講演

本書は2013年12月にスイスのメンドリジオ建築アカデミーで行われた坂本一成氏の講演を一冊の本に纏めたものである。この講演では、初期から今日までの25作品が紹介されるとともに、現代の空間を常に追い求め続ける坂本一成氏の姿勢の変遷が示された。言葉とイメージを併せ持つ講演という形式によって、氏が常に追求してきた建築の理論と実践が同時に紹介された秀逸の一冊。あとがきは現代日本を代表する建築家長谷川豪氏による短編エッセイ。

著者:坂本一成
編集:ベアロッハー太央、サミュエル・スカッサビア
発行所:Quart 出版社

独語+日本語版  (ISBN 978-3-03761-105-0)
英語+日本語版  (ISBN 978-3-03761-106-7)

本体価格 54スイスフラン/49ユーロ